補償コンサルタント

補償コンサルタント Consulting of Compensation


専門知識の結晶が、用地の円滑な取得と適切な補償を取得

道路の拡張やダムの建設などの公共事業を行うには、まず、用地を取得、確保しなければなりません。補償コンサルタントとは、『公共事業に必要な土地の取得や使用に関する調査及び補償金の算定や、これらに関連する調査等の保証業務の受託や請負を行う者』と公的に認定されており、その業務は多岐にわたっています。

土地の取得、建物、工作物、立木の移転などに関する一般補償だけでなく、たとえば、公共事業を行ったことによって生じたテレビの受信障害や、日照障害、あるいは建物の損傷などの大規模公共事業のために取得された宅地などの代替地の造成、提供等の生活の再建に関わる問題など、さまざまな補償要件が含まれます。

このような広範で複雑な補償業務に適正に対処し、公共事業の円滑な推進を図るため、補償コンサルタントの果たす役割はますます高まっています。
一方、民間事企業の開発行為においてもさまざまな補償を必要とする事態が生じています。

当社では、補償コンサルタント業務の4部門に登録しており、担当部門に補償業務管理士を配して補償業務にあたっています。今後は、専門的な知識、技術及び技能をもった社員のさらなる育成と、信頼される専門家集団として部門の拡大及び補償業務管理士等の充実に努めてまいります。

土地調査・物件調査・営業補償・特殊補償・補償額査定

土地調査、物件調査、補償額算定、機械工作物、
営業、特殊補償、事業損失