建設コンサルタント

計画設計 Consulting of Cocstruction


多様面な技術力で社会資本の整備を整え、地域の豊かな未来を築く。

社会が今後とも発展し続けるには、交通施設、上下水道などの社会資本の整備が必要であり、これらの基盤は建設企業が担っています。
建設コンサルタントは、土木事業の調査、設計などを専門的に行うもので、建設事業推進の一翼を担う知識集約型産業として公共施設を建設する上で大切な役割を持っています。

その事業内容は、河川、道路など21部門に分けられており、当社では「道路部門」と「河川、砂防及び海岸部門」が登録されております。

近年建設事業を取り巻く経済・社会環境の変化は著しく、高度化、多様化、環境保全、さらには市場の国際化など「良いものを安く」という国民ニーズの高まりをふまえた確かな技術力に支えられた、効果的、効率的な建設コンサルタントとして応えていく必要があります。

そうした中で、当社では、「品質」をより重視し、国際規格であるISO9001認証を取得し業務プロセスの標準化を行いました。さらに、環境との共存を考えて景観にも配慮した計画設計を行い、少子高齢化社会の中で、豊かな地域づくりを支援していきます。

一般土木

道路・河川・砂防・都市・公園・港湾・宅地造成・上下水道・橋梁・
各種構造物等の計画・設計・施工管理

農業土木

農地造成・かんがい排水施設・ほ場整備・農道・橋梁・
各種構造物等の計画・設計・施工管理